blog_entry
<< 矢井田瞳 COLOROCK LIVE 2008 @JCBホール(4/10) | main | 坂木司「先生と僕」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -

津原泰水「ルピナス探偵団の当惑」

文庫版は画像が出ない…。
先日、この続きが発売されたと新聞広告で見て興味を引かれたので読んでみた。

ひょんなことから密室事件を解決してしまった彩子は、姉で刑事の不二子から密室殺人の謎を押しつけられる。彩子が憧れている祀島君、彩子の友人、桐江と摩耶まで巻き込んで、彼女たちは事件を解決することになってしまう…。短編を3本収録。

冒頭から犯人が明かされている話もあり、犯人捜しではなくトリックの謎解きがメイン。といっても、彩子自身に卓越した推理能力があるわけではなく、彼女は閃きで事件の謎に迫っていくという感じ。
彩子と摩耶はごく普通の(摩耶はお金持ちの家の子らしいので普通というのも違う気がするが)、桐江はすぐに事件に首を突っ込みたがる好奇心旺盛な女子高生、祀島君は知識豊富ながら朴念仁な少年という個性的なキャラクターの配分がうまい。
といって、ものすごい謎解きに力点が置かれているという感じでもないので、そっちに期待して読むと肩すかしかもしれない。でも、元々は少女向けに書かれたものだというのを考えると、その軽さ(悪い意味ではなく)も納得できる気がする。
怖くないミステリーとでも言えばいいんだろうか。初版が出たのはちょいと前らしいので、全体的に時代が古い感じもするけど、それもさして気になるほどではなく、さらっと読める。
ちょっと時間が空いたときにはオススメ。
TOPへ
| 本/雑誌 | comments(0) | -

スポンサーサイト

TOPへ
| - | - | -
Comment
It comments.









blog_entry

Recommend