blog_entry
<< CR戦国乙女 ファン感謝イベント 2011 in 秋葉原 | main | DVD『ときめきレシピスイーツの巻〜MAKO&南里侑香〜』トーク&お渡し会 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -

放浪息子Blu-ray&DVD購入者限定イベント〜ぼくたちの、いべんと。〜

1巻買って送ったら当選したので行ってきました。
たぶん長いよ!(笑)
そして、大半侑香さんガン見してたから、ほかのこと書いてないよ!
あと、いつものことだけど、出演者のセリフは脳内で補完されてたりするから、ニュアンスだけ感じ取って!


場所はお台場フジテレビのマルチシアター?
全部で135席くらいのちっさな会場です。
ステージまではホントに距離が近くて、たぶん後方列にならないと、ステージの出演者と目線が同じ高さにならないくらい。最後列でもだいぶ近かったと思われます。

スタートはほぼ定刻通り。
まず、修一役の畠山くん、よしの役の瀬戸さん、さおり役の侑香さんがステージに。にとりん、よしの、さおりんが今日のイベントのステージに立っている体での掛け合いを披露。まずはよしのがイベントに来てくれている人が楽しみにしてきてくれていたかを確認。拍手。

さ「なんだか微妙な拍手だったわね」

ツンツンさおりんktkr。
続けて、よしのがにとりんに「二鳥くんがもう一回聞いてみて」と促す。にとりん「え、ぼ、ぼくが?」と言いつつ客席に聞いてみる。拍手!

さ「まぁこんなもんじゃない?」

さおりん、上から目線ktkr。
にとりんからも「千葉さん、上から目線…」とか言われてたし(笑)

3人は1回引っ込んで、司会が登場。
アンシンメトリーな髪型はいいけど、なぜか伸びっぱなしな感じで、ちょっと整えたほうがいいんじゃないかと思いました(笑)
それはともかく、ここでキャスト6人呼び込み。

客席向かって右手側から、ほっちゃん、水樹先生、瀬戸さん、畠山くん、侑香さん、井口くん。
侑香さんはスカートの長さが膝が隠れるくらいのワンピース。ウエストでの絞りはなくて、柄は細いラインが何本も若干色違いで入っているようなそんな感じで、襟はないタイプで襟ぐりに幅広の…なんかそんな感じです(投げた 語彙がないので説明が難しいんだけど、ちょっと透けてる系の白いラインの入ったソックスに黒いパンプス。右手の薬指と左手の小指には毎度の指輪。ペンダントもしてたかな。髪型は最近のにえっちの通り左サイドで前髪を分けてて、前髪と左サイドの髪を編み込み。両サイドは垂らして、後ろをハーフアップで右側でシニヨンにしているみたいなそんな感じの髪型でした文字で説明するのは難しいね。

イベントの流れは、まずご挨拶(自己紹介)→3シーンセレクトされた名場面を見てコメント→開演前に募集した質問(3問)→アニメでは放送されなかったコミックのシーンを生アフレコ(コミックリーディング)4シーン→プレゼント抽選会→志村先生からの手紙を瀬戸さんが朗読→最後のご挨拶。

【名場面】
・にとりんとマコちゃんが携帯に自分の声を録音。にとりん、姉ちゃんの名前を言ってそれが姉ちゃん(風邪でお休み中)にばれるシーン
・にとりんがあんなちゃんに告白したカラオケボックスのシーン
・不登校になったさおりんの家によしのがやってきて仲直りするシーン

各シーンが流れてから、出演していた人たちがちょこちょこコメント。
うん、何言ってたのかもう飛んでるorz
確か、さおりんとよしのの仲直りシーンの前に、トイレであんなちゃんとにとりんがつきあってるって話をしてた云々の話があって、司会者が「差し支えなければ女性はトイレで何話してるのか教えて欲しい。あんな重い話をしてるのか」とか聞いたんだったはず。現役女子高生の瀬戸さんが、恋の話とかもします、みたいなことを言ってて、隣で聞いてた水樹先生とほっちゃんがものすごい盛り上がって、自分たちもアフレコ現場でそれやろう!とかなってて、リアクションがおばちゃんになってた(笑)
あ、そうそう、ここで
堀江「私、女子でトイレっていうと、合コンで“誰行く〜?”(ギャルっぽいしゃべり方で)ってイメージなんですけど
水樹「(いすをほっちゃんから引き離しつつ)私はそれはないっ!(笑)
とか言ってました(笑)。アホだこの子たち(笑)
右左3人ずつわかれて、瀬戸さんサイドじゃないところにいた侑香さんは、不意に司会者からトイレの話を振られてビクッとして「はいっ!(うわずった声で)」と返事(笑)、「○○くんカッコいいとか、あとは先生の話とかしてました」と。

【質問コーナー】※順番は答えたとおりじゃないかもです
・自分が大人になったなぁと思うこと
畠山「雪が降ってもはしゃがなくなってめんどくさいなぁと思うようになった」
 瀬戸「私ひとりで雪だるま作ったよ!」
 水樹「私その写真もらった!」
 瀬戸「奈々さんに送らなきゃと思って!」
  同じ事務所同士仲良しです^^
井口「ビールがおいしいなぁと思ったとき」
水樹先生のコメントが頭から飛んでる。
堀江「朝起きて寝違えてたとき(笑)」←本当に寝違えたそうです
 「直線的な行動が多いけど、すみません!」
侑香「和食がおいしいなぁと思ったとき。家では和食が多いので、外では違うものが食べたいと思うんだけど、おいしい和食屋さんに行きたいなとここ2、3年で思うようになった
ここで瀬戸さんにはコメント聞かなかったな司会者くんよ。

・異性になりたいなぁと思うのはどんなときか
畠山「レディースデー!
井口くんのコメントが飛んでる。
瀬戸「ショートカットで髪の毛を乾かすのが早そうだし、短い髪をワックスとかで決めてる姿にあこがれる
水樹「ライブとかで頭から水かぶったり、口に水入れてぶふーっ!と吹き出すのをやってみたい
 堀江「頭から水はお化粧の問題で無理かもだけど、口に入れてぶふーっ!は今でも出来るんじゃない?(笑)
 水樹「無理無理! 避けられたらショックだもん
  あんたらは漫才コンビでも結成してください(笑)
堀江「私は電球を変えるとき! 届かないんですよ!
 水樹「脚立使っても届かないよね!
 堀江「水樹さんの家には脚立があるんですか!?
 水樹「あるよ!? この間、ベッドの上の電球を変えよう思って、ベッドの上に椅子をのせてぐらぐらーって
 堀江「そんなことでケガしないで!?
  確かここで電球の掃除云々言って客席からブーイング(笑)
 堀江「思ってるだけですけどっ!」
南里「スポーツとかで汗をかいてる男性はかっこいいので。女の子はお化粧の関係でばーっと汗かけないからいいなぁと

・初アフレコの畠山くんのスタジオでの様子はどうだったか
瀬戸「アフレコ中は私と畠山くん、井口さんが並んでいたんだけど、ある日グミっぽいジェリービーンズ? ジェリービーンズっぽいグミ? を持ってきて『洗剤の味がする』って。井口さんとふたりでそれを探しました
井口「なんかニュービーズみたいな味でした(笑)
水樹「お誕生日の日には『お姉ちゃんへ』って書いたプレゼントを持ってきてくれました!

現役中学生のはずの畠山くんがことごとく率先して答えてるのに笑いが起きてました(笑)
このあとちょっと準備の時間があって、コミックリーディングへ。

【コミックリーディング】
・マコちゃんが水着(お母さんが来ていたらしいAラインがずるい水着/笑)をにとりんの家で着ちゃう話
・真穂の下着をにとりんがつけちゃってばれちゃう話
・真穂が捨てようとするワンピースをにとりんがもらっていい?→あんなちゃんに真穂が「女装する彼氏ってどうよ」云々
・にとりん、よしの、さおりん、あんなちゃんがカラオケに行く話

何をやっても、水樹先生やほっちゃんを「すばらしい」と褒めまくる畠山くん(笑)
最後のカラオケの話はアニメでもあったものでしたが、それに対して、
瀬戸「またよしのがぽろっと余計なこと(あんなちゃんにさおりんがにとりんを好きだったと)言ってしまうんですよね。でも、さおりんがやり返してくれたので、仲良しになってるんだなぁって
侑香「瀬戸さんがさおりんのあの態度でも仲良しになってるって感じてくれてたのが意外でした(笑)
堀江「いやー、あの状況で千葉さん、歌うんだって(笑)。しかもうまいんだなーって(笑)

【プレゼント抽選会】
何の変哲もないプラスチックの箱が出てきて(ほちゃ水樹に「この何にもない感じがいいですね」と突っ込まれる)、そこから出演者がそれぞれ番号を引く。プレゼントは、サイン入り台本(各出演者がそれぞれピンで2話分サイン。シグマ・セブン組はなぜか裏表紙にサイン。そしてほっちゃんは、ちびキャラ?をひとり追加していた)。番号は入場時に配られたものでした。

【志村先生からの手紙】
瀬戸さんが持ってくるのを忘れて取りに帰る(笑)。
先生の手紙を瀬戸さんが朗読する際に、先生からのイラストがスクリーンに。記憶が若干曖昧だけど、

ちーちゃん、真穂、瀬谷、ユキさん
モモ、佐々ちゃん、よしの、にとりん、あんなちゃん、さおりん、マコちゃん…ともうひとり誰かマコちゃんの上にいた気がするんだけど。誰だ?
あんなちゃんはにとりんの肩に手を置いていて、さおりんは相変わらずの仏頂面。ちーちゃんが学ランで満面の笑みでピースしてるのがすごく素敵だった!

瀬戸さんが手紙を読んでいる間、侑香さんの目がうるってたのを私は見逃さなかった! きゅっと唇をちょっと強めに噛むようにはしていたみたいだけど、すこーし鼻の頭が赤くなってきてたんで、このまま泣いちゃうんじゃないかとちょっとだけハラハラしてました。しかし泣いたのは別の人でした。このあとで。

【最後のご挨拶】
は、イベントが終わってみなさん一言ずつ。
井口くんがちょっとしゃべったところで「あ、全部飛んじゃう!」って言い出して、感極まったらしくて泣きそうになって言葉が出なくなっちゃってて。彼は声優さんとしては初めての仕事だったみたいだったので、思うところがあったんだろうなぁと。隣にいた侑香さんが「この曲とか聞いちゃうとね」(ちょうどRie fuのEDが流れていた)って笑顔でフォローしてたのが印象的。

侑香さんは「志村先生の青い花が大好きで、原作もアニメも見ていたので、放浪息子に参加できて嬉しかった。久しぶりのレギュラーのアニメですごく緊張していたけど、現場は穏やかな雰囲気でそれがテレビからも伝わればと。今日はありがとうございました。またお会いしましょう」とかそんな感じでした。

今回、ちょっと侑香さんと井口くんは食い込みにくいイベントではあったかなぁと思います。主役ふたりがもちろんメインで、年上ズがバーッと、ある意味おばちゃん的なノリで(笑)突っ込んで行くんですが、3対3で右端と左端にわかれちゃっていたので、ノリが分断されちゃってたんですよね。侑香さんと井口くんは、年上ズのノリに乗っかりにくそうだった。顔でリアクションしてましたけど(笑)

ただ、今回は生アフレコが見られたのがものすごい貴重だなと。
普段はほんわか笑顔の侑香さんが、さおりんを演じているときは笑顔もなくなるし、冒頭のところなんか、チラッと隣を見る目つきがこう冷たいんですよ! よしのに対するさおりんのツンツン具合が表情からもあふれてて。あー、やっぱり役者さんなんだなーって再認識したわけです。あんな表情の侑香さんはたぶんラジオや普通のイベントでは見られないと思うので、ばっちり網膜に焼き付けておこうと思います←

はい、長いですね長いですよ。
とりあえず侑香充できたので、また明日から踏ん張ります(笑)
ちくしょう、かわいいなー←

TOPへ
| FictionJunction YUUKA/南里侑香 | comments(0) | -

スポンサーサイト

TOPへ
| - | - | -
Comment
It comments.









blog_entry

Recommend