blog_entry
<< Animelo Summer Live 2010 -evolution-@SSA(8/28) | main | 南里侑香・結城アイララジオパーソナリティー決定 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -

松浦亜弥 COTTON CLUB LIVE(9/12、1回目)

6月のマニアックライブは行けなかったので、ひっさびさの松浦さんライブです。
CDSやらSTBやら行っているとはいえ、今回の会場は初めてだったので、
全席指定にもかかわらず始まる前から緊張するとか(笑)

いやだってなんか敷居高そうに見えるじゃないすか。
でも、実際に行ってみると、高かったのは敷居じゃなくて会場の平均年(ry

はい。
自分は松浦さんを右側に見る席でした。
ちょっと高いところだったので、大変に見やすい。
行くまでこそ無意味に緊張していましたが、入って着席しちゃえばどってことありません。
ステージが近くてワクワクです。
会場は広くなくて、たぶんどこからでもステージはちゃんと見えるんじゃないかな。
後ろのほうだと足元がもしかしたら見られないカモだけど、
松浦さんの顔はちゃんと見られるはず。という感じの会場でした。

以下、感想は続きに。

久しぶりとはいえ、昨日Ustで配信されてたダイジェスト部分(2回目のはフルで配信されたみたいだけど、今日を楽しみにしていたのでまだ見てない)を見つつ、2回目のアンコールはリアルタイムで見てたので、何となくの感覚はつかめてました。配信であれだけ声が出てるんだから、きっとすごいだろうなぁと思いつつ。

実際、すごかった。
久々に聴いたけど、また一段と上手に、というか丁寧にというか、聴かせるシンガーになってました。
今回は、急遽決まったということでものすごく緊張している(本人談)とか、MCは少なくと言われているとか、なんやかんやとあってのことと思いますが、ライブの雰囲気はSTBと似てるけど、構成は全然違う感じ。そもそも、あの好き勝手やるリクエストコーナーなかったし(笑)。

昨日の1回目はわからないけど、おそらく9割同じ曲を同じ曲順でやってます。
今日の2回目はアンコールの1曲目が「想いあふれて」になっていたので、そこが違うかな(ほかのときは「灯台」だった)。
どうやら、曲目はほぼ同じで、曲順が違ってるパターンだったみたいです。案外覚えていないものだ(笑)。
緊張しているという割に、バンドメンバーいじりは健在だし、相変わらず強気だしでとても素敵でした(笑)。

歌は小さな歌詞飛ばしがあったものの、声も出てるし、強弱のつけ方もすごくうまくなってました。特に強さ。張りすぎることが少なくなって、すごく聴きやすさが増して。バラードの聴かせ方はホント素敵で。語彙が少なすぎて全然伝えきれないですが、ホントいい歌い手さんになってます。

Ustでもポチポチ配信されてるので、歌声についてはだいたいわかるのではないかと。
でも、やっぱり現場がいいなぁと思ったのは、表情。
自分のところから松浦さんまではだいたい3メートルくらいかな。
水の置き場がこっちを向いているので、水を飲むときはこっちを向くんですよ。
だいたい曲の始まる前には水を飲むので、ちょいちょい顔がこっちを向く。
MC→水→歌みたいな順番なので、ゆるーくMCやって口元笑ってるのが、イントロで水を飲んで、歌の始まる直前になると、その笑みがすーっと引いて、表情が変わる。そこがもうホントグッと来ます。
方向がラッキーだったので、毎曲毎曲その表情変化を見られたのが嬉しい。

「灯台」に関しては、「別れた相手とは友達になれない。どちらかというと憎しみになる。だから、最後の『ずっと友達』ってところはわからない」とか言い続けてる松浦さんですが(笑)、自分が観たこの回は、見事「友達」の部分を歌いませんでした。「ずっと〜」まで歌った後、いたずらっ子みたいにふにゃっと笑ったあの表情を、一生忘れない(笑)。
この回は、アンコールは手拍子だけ(それもかなり合ってた)、「Happy To Go」(スペルがあやしい)の曲間にコールもなく、TPOがわかる人ばっかりで大変気持ちのいい時間を過ごせました。

今回、距離も近くてゆったり座って聞けたし、遮るものもなかったということもあって、約1時間20分、松浦さんガン見(笑)。ここまでガン見したのは初めてかもしれない(いつも後ろなのでそこまで表情は見られないもので)。場所的にもテイスト的にも、昔の松浦ファンとか騒ぎたいファンとかは拒絶するんだろうけど、自分はこういう現場は大歓迎です。ホールライブも好きだけど、歌い終わった後の幸せそうな松浦さんの表情を間近で見られるのも、あの歌を遮るものなく聴けるのも、幸せで幸せで。値段は張るけど、満足感でいっぱいです。

STBと違って全席指定というのもありがたかったところではあります。
機会があればまたぜひやってほしい。次からは会場で緊張することはもうないぞ(笑)。
11/24のアルバムも楽しみだ〜。でも、松浦さんはライブで一番生えるので、ライブは続けてください。

ちなみに、各種アーカイブはこの辺で。
http://www.ustream.tv/channel/%E4%BB%AE-up-front-works

TOPへ
| 松浦亜弥 | comments(0) | -

スポンサーサイト

TOPへ
| - | - | -
Comment
It comments.









blog_entry

Recommend