blog_entry
<< 佐伯泰英「朧夜ノ桜」 | main | 辻村深月「名前探しの放課後」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -

ハロー!プロジェクト Singin'Night at STB139(出演:中澤裕子)3/2

この場所は初めてだし、整理番号があるとはいえ全席自由というのも初めて(ライブハウスは除く)だったのでどうなることかとちょう心配。ことによったら「金輪際行くものか!」ってなるかなくらいは思ってました。これに関しては若干の不満を残しつつも、杞憂に終わりました。
会場の入口通路のところになんとなく集合時間(開場時間の15分前)に集まって、係の人から「番号1番から80番までの方〜!」と声がかかり、移動(自分は80番より前でしたので)。さらに入口直前まで移動(この辺で物販あり。全席禁煙なので、たばこもここらで吸うようです)し、そこからは1番ごとに番号を確認されて中に入っていきます。途中、荷物とか上着とかを預かってもくれます。

中に入るとドアの前に係員待機中。
ひとりかふたり一緒なのかというのを確認して、フロアにいる店員さんに伝言→店員さんが席に案内する、という流れだったので、「最初に入ってるお仲間が座席確保しちゃうんじゃねーの」という心配は解決。自分が入ったときはパッと見誰かのために席を取ってる人はいませんでしたね。続々と入ってくるからそんなことできそうな雰囲気でもなかったです。
中の様子はHPを見るとだいたいわかりますが、センターにフロア、その後方に一段上がって同じくフロア、左右にカウンター、2階席も使用可能。自分は見やすい位置をなんとなく確保。のんびり注文などして開演を待ちます。

ステージにはグランドピアノとキーボード、あとマンドリン(この演奏者さんはその後アコーディオンやらヴァイオリンやらリコーダーやらも兼任)がありました。むーん、ドラムorパーカッションはないのか。

時計を観てなかったんですが、たぶんほぼ定刻通りにライブはスタート。
ステージ向かって右手奥からバンドメンバーと、姐さん登場。
衣装は…ピンクのなんつーんですかあれは。ノースリーブで肩口にひらひらついてて、ウエスト関係にまったく絞りのない、若干ナイトウエア気味のドレス。ゆーかさんに似合いそ(ry ミニって言っていいのかな、あの丈は。足下はゴールドのヒール。ペディキュアが見えるくらいのものです。ペディキュアとマニキュアは真っ赤。髪はまた少し色が淡くなっていたような。んでもって、奇跡のストレート復活!(笑) 手足にアクセサリーの類は一切なし。耳元は覚えてません。

登場早々、客席を観て吹き出す姐さん。
ヲイヲイ(苦笑)

セトリは以下。

1.うらら
2.元気のない日の子守歌
MC
3.色・ホワイトブレンド(竹内まりや)
4.春の予感(南沙織)
MC
5.SACHIKO(ばんばひろふみ)
(MC?)
6.上海の風
7.音無橋
MC
8.甘すぎた果実
9.グリーティングカード
MC
10.GET ALONG WITH YOU
アンコール→MC
11.だんな様


5と6の間のMCがあったかどうかちょっと不正確。

ライブ自体は、ドラムとかパーカッションがなかったせいか、だいぶおとなしめな印象。
姐さんの声もちょっと細い印象が強かったです。今回のライブを聴いてて思ったんですが、姐さんってもしかしたらバックの音の大きさで声の張り方が変わるのかも。そうだとすれば、今回全体的にちょっと細く聞こえた理由もわかるんだけどなあ(もしかしたらスピーカーの位置の関係かもしれませんが)。個人的には姐さんは張れれば張れるほどよりよく声が生きるタイプだと思ってるんで、そういう点ではこういう会場よりライブハウス向きだし、しっとりした曲よりロックな曲向き。でも、やわからな表現力を持ってるから、こういう会場でもそんなとても聴いていられない! とかいう事態にはもちろんなりませんが(笑)

持ち歌もアレンジがきいているし、カバー曲もあって、基本的な印象はあんまりいつものDSとかと変わらなかったです。姐さんは音はずしとか歌詞飛ばしをほとんどしない人なので(たまに飛んでもうまくごまかせるタイプなので/笑)、聴いてて安心。
その中で、特に印象的だったのがなっちさんの「甘すぎた果実」のカバー。
姐さんが歌うのを聴くのが初めてということと、ほかよりもテンポのいい曲だったこともあって、なかなか味がありました。赤を基調にしたライティングもいい。高音はきつそうなところもあったけど、それが切なさというか焦燥感というかせっぱ詰まった感というか、そんな雰囲気を醸し出していて大変よい。

MCは、今回この曲を歌うことになった理由とかがメイン。
毎度言いますが、一言一句正しいわけではなく、むしろ大半が違う言い回しをしているはず。記憶だけを頼りに書いてますので、雰囲気だけでも伝われば。

SACHIKO

从#~∀~#从<この曲は歌ドキッでばんばさんと歌ったんですけど、収録のときはキーがあわなくて少ししか歌えなかったので、今回は私のキーにあわせてアレンジしてもらいました。

とか

从#~∀~#从<今、すごく大好きな曲なのでこれからも歌っていきたい


上海の風

从#~∀~#从<この曲歌うとねー、よっすぃとか梨華ちゃんとか辻ちゃんとか加護ちゃんとか思い出すんだよねー。私が歌ってるとき4人が前で踊ってて。もうあんなふうに歌うことはないんだなあって思うけど、みんな卒業して音楽ガッタスでがんばってたり、美勇伝でがんばってたり、お母さんになってたり、どこかでがんばってたりするだろうし…

とか。
さらっと加護ちゃんのことを話題に出せるのは、さすが姐さんだ。


音無橋

从#~∀~#从<ライブで歌うのは初めてじゃないかな。今年の8月にソロとしても10周年ということで、これからは今まであんまり歌ってこなかった曲も歌っていきたいなと思っています


甘すぎた果実

从#~∀~#从<この間札幌で、私と安倍さんと松浦さんとメロン記念日の4人でイベントをやりまして。そこでみんなのデビュー曲を歌おうということになって、「カラスの女房」を歌うことになったんですよ。斉藤ひとちゃんなんかは、娘。のファーストアルバム持ってきて、サインしてくださいっていうから、みんなそろってなくて残念だけど…って私となっちでサインして。

とか

从#~∀~#从<最近「は」なっちもいい感じにやわらかくなってねー
(客席)<(「は」に反応して、笑)
从#~∀~#从<ちょ、そういうのやめて!(苦笑) 今はホントになっちと仲よくて、前からよかったんだけど。10年やってきて、これから一生つきあっていく仲間というか、そんな感じなんだろうなと思ってます。もちろん、圭ちゃんもね。もちろん、矢口もね(←この辺ふざけた感じで)。一応名前出しとかないとね(笑)

とか

从#~∀~#从<なっちがハローのコンサートで「息を重ねましょう」を歌うとき、ホントにいい顔して歌ってて。

とか

从#~∀~#从<今までハローの曲もカバーしてきたんですけど、特に深い理由はなくなっちの曲は入ってなかったんですよ。でも、今回歌いたいなと思ってちょっと大人っぽい曲を…

とかあんたどんだけなっちさん好きなんだって話。
はいはい仲いいのはわかったから。ごちそうさま(違


あとはどこかで姐さんをイメージした新しいカクテルをお店で作りますってことになって、何がいいですか? って聞かれたらしいんですが、

从#~∀~#从<やっぱ、私といえばビールじゃない? でもビールはそのまま飲むのが美味しいので、シャンパンになりまして

という話をすると、ステージに作られたカクテルがあがるんだと。ここで店員さんがカクテル持って登場。姐さん、すでに開始前に1杯飲み干し済み。

从#~∀~#从<ステージでお酒飲むのも私くらいだよねー。飲み干していいですって言われたんだけど、もう1杯飲んでるし、夜も同じ話すると思うし…(笑)

昼の公演ではご結婚された方がいらしてたようで、その人に向かってなんか優しく声をかけていたかと思ったら、メンチ切ってました(笑)。こらこら。

少しMCが多かったけど軽妙だし、MC自体に安定感があるし、突発的な出来事(客席からの「えー!」とか)にもきちんと対処できるだけの柔軟性は健在。聞いてて普通におもしろい。楽しいじゃなくておもしろい。

ただなあ…。
今回…も、かな。気になったのもやっぱりMCで。
姐さんは客席に問いかけることを前提にしたトークが多すぎる。
しかも、それに女ヲタどもが食いつきまくるもんだから、うっとうしいことこの上ない。自分の名前叫ぶ輩はいませんでしたが、今回は嘘吐いてまで気を引こうとする輩がいて(前述の女ヲタ)、それがまたうざかった。

姐さんもかまわなきゃいいのに、見知った顔だからか、かまうし。
本人も「ご近所と話してるんじゃないんだから」って苦笑いしつつ言ってましたが、ホントその通りと思います。レスもらうことだけのためというか、それ以前に「私今日も来てまーす」ってアピールしたいがための声かけとかマジやめてほしい。姐さんもそれにのらないでほしい。そんなの声援じゃないじゃん。

トークは基本客席全体に向かってするものですよー、誰かとするにしてもさらっと終わらせるのが美しいですよーと伝えたいですよ、ホントに。

しつこく何度も言いますが、前述のようなヲタがいると、初見の人やあんまり数これない(=たぶん姐さんが顔とか覚えてない)人が居づらい空気を作っちゃうんじゃないかと思うんですよ。その瞬間だけは、客席のほかの客を無視してそいつと話すことになるわけですから。そりゃあちこち来てくれるヲタは金たくさん払ってるのかもしれないけど、繰り返し何回もイベントやライブに行けない、地方遠征なんてほいほいできないファンはファンとして格が落ちるんですかと言いたくなってしまう。

ファンを大切にすることとファンを甘やかすことは別。
誰かに声をかけたいと思うなら、緊張しぃなのはわかるけど、あまり見たことがない人、積極的に声をあげたりしない人に向けてやったほうがいいと思う。リアクションはないかもしれないけど、そのほうがその人たちの印象に残って、次も来よう、来たいって思ってくれるかもしれないし。川σ_σ||バリに釣ればい(ry

こんな固定ばっかりかまうならMCなくしてもいいよ。
MCも楽しいけど、自分は姐さんの歌とパフォーマンスを楽しみたくてライブに行ってるんだから。

とはいえ、タイミングのいいかけ声をかける方もいまして。
最後の最後まで「STB139スイートベイジル」を覚えられない姐さんに「覚えようよ」ってさらっと声をかけた人の空気の読み具合とタイミングが見事だった。これに対して「いいの。ちょっと欠けた状態でみなさんとうんぬん」言ってた姐さんがちょうかわいかった(笑)

そういえば、「GET ALONG WITH YOU」で、途中で感極まって涙ぐんじゃって、あれそこで泣いちゃうんだと思ってちょっとびっくり。年齢重ねると涙もろくなる事実はありますが(爆)、大切な曲だと思うので、歌うたびにいろいろ思うこともあるのでしょう、たぶん。
本人は「いい加減、泣かずに最後まで歌わないといけないと思うんだけど」的なことと、その後、みんなに感謝してますってことを確か言ってました、このとき。
涙とか言葉とかなくても姐さんがファンを大切に思ってるって言うのは、すごくよく伝わってくるんですよ。何回行っても、どんなライブでもイベントでも。ただ、ここんとこ一部のヲタが調子に乗りすぎてるのと、それにかまいすぎるのだけが気になる。

どうか、客席の全員が同じ温度で姐さんの想いを受け取れるような、そんなライブになってほしい。
ぜひとも、次は。


ま、こんなんうだうだ感じてるのは自分だけかもしれませんけどねー。
いろいろとよろしくない予測をしていって、それがピタリ的中でもしようものなら、全席自由のイベントはもう行かないって真剣に思ってましたが、今日のライブではまだまだ姐さんを好きだって気持ちのが強いってわかったんで、同じパターンでのライブがあっても、たぶんまた行きます。

…惚れた弱みってこういうこと言うんかな(苦笑)
TOPへ
| ハロプロ | comments(2) | -

スポンサーサイト

TOPへ
| - | - | -
Comment
ポケモから250字と短いですが、メールが出来ますよ。
ミキティがガッタス以外何もなく庄司は調子こき放題。で1月下旬の発売Salsのコメント見出しが“大切なのはキズナ”ですよ。これは、納得いかず、ファンとの絆はどうでもいいのですか。と文句メールを送りました。
庄司がテレビで言うたびいやな気持ちになる。これからどうするのか教えて欲しい
だいたいこんな内容でメールしました。
偶然とはいえ2月中旬以降スケジュールに動きがありましたよ。
中澤さん、ミキティ、ごっちんのFS3コンサート大好きです。

TOPへ
大人A | 2008.03.04 14:15
>>大人A様

残念ながら自分、ポケモ会員ではないのです。
でも、ブログでグチってるだけではいかんなあとは思ってます。
いいなと思うことも嫌だなと思うことも、素直な感想のひとつ。
それを受け入れないまでも、そういう意見もあるんだと受け取ってもらえればそれはそれでラッキーなことでしょうし。
一応、いろいろ考えてますが、ご意見ありがとうございました。

FS3コンサート、また何かの機会に開かれればいいですね。

TOPへ
藤 | 2008.03.05 17:12
It comments.









blog_entry

Recommend