blog_entry
<< 柴田淳「月夜の雨」 | main | 中澤裕子 SONGS&MONOLOGUES〜唄う 語る 春物語〜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -

椎名林檎×斎藤ネコ「平成風俗」

椎名林檎×斎藤ネコ,コマエノオーケストラ,ノラネコオーケストラ,アノヨノオーケストラ,ナダタルオーケストラ,マタタビオーケストラ
東芝EMI
¥ 3,360
(2007-02-21)
しばじゅんと同日発売で同日に買った、椎名林檎名義では久々となるアルバム。
カバー曲が多いとは全然知らなかった。
いや、先行の「この世の限り」を買わなかったので、それがほぼ目当てだったんでいいんだけど。

巷ではカバーがメインのせいか、あんまり評価が高くなく、でもその割には売れてたりするという、なんかよくわからない展開をしてるけど、椎名林檎というアーティストについて深く触れたことがない人には、おすすめしてもいいアルバムかな。あとは、おもしろいアレンジが好きな人向けかなあ。ベーシックな椎名林檎とか東京事変を好きな人には、少し向かないかもしれない。

自分は3枚目のアルバムをあまり聞き込んでないので、多少新作っぽさはほかの人よりは多く感じられたとは思う。

だけども。
今の時点では聞き込めるか、と言われるとちょっと困る。
できは決して悪くない。アレンジとか上質の音楽を求めてる人にはすごく耳にいいアルバムだと思うし、挑戦的な部分もあり、悪くはない。うーん、気持ちの問題かなあ。英語詞の歌詞が多すぎて入り込みにくい、というのもあるかもしれない。ただ、繰り返し聴くことでよりよくなるアルバムだとは思うので、時間次第かなと。自分は今あんまりアレンジの妙を楽しむ余裕がなくて、ストレートでシンプルなものを好む時期みたいだから。
TOPへ
| その他音楽 | comments(0) | -

スポンサーサイト

TOPへ
| - | - | -
Comment
It comments.









blog_entry