blog_entry

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -

Kaela Kimura LIVE TOUR 2010"5years"@日本武道館(3/28)

木村カエラのデビュー5周年記念(?)初のアリーナツアー最終日に日本武道館まで。
武道館は一昨年のマクロスライブ以来だなぁ。
前にやったカエラのライブは行けなかったので、ものすごく楽しみにしてました。

感想は…楽しかった!
カエラのライブは本当に楽しい!
1階席だったので、傾斜も結構あって前の人がステージにかぶることもなく、余裕の視界だったのもラッキーでした。アリーナみたいに飛んだり跳ねたりが自由にできないという制約はあったけど、それを抜きにしても楽しかった。

「Butterfly」も「dolphin」も聞けたし(個人的に好きな曲)その他、これやってほしいなと思ってたノリのいい曲も大半やってくれたし。距離的に表情がはっきりわかる位置ではなかったんだけど、時々後ろの巨大モニターに映るカエラは、すごくいい表情をしてるなーってしみじみ。歌うことが楽しいよっていうのが伝わってくる、いいライブでした。

しかし、しみじみカエラはMCが上手になったよなぁ(笑)
曲がないとか呼び捨てにするなとか照れ隠しに言ってた時代が懐かしい。素直に感謝の言葉を言えるようになるなんて、成長したねカエラ(何

とはいえ落ちもなくてグダグダでしたけどね(笑)
今回はひとり参加だったんだけど、ひとりでも臆することなくのれるのがカエライブのいいところ。
2時間半たちっぱなしだったけど、久々にいい汗をかき、いい音楽にふれることができました。
あ、「リリアン」聞けたのもうれしかったなー。あの曲大好き。

こういうツアーにはよくあるダブルアンコールがないのも、ある意味カエラらしいといえばカエラらしい気がする。そもそも日曜日とはいえ、16時スタートっていうのがまた素敵。これだと遠征の人でも家まで帰れるんじゃないかなと思うし、ある意味親切だなと(逆に来れなくなる人もいるかもだけど

今後はまたカエラにしかできないような挑戦をしてくれることを楽しみにしてます。

TOPへ
| 木村カエラ | comments(0) | -

オンナク祭オトコク祭@SHIBUYA-AX(12/19)

1年ぶりのオンナク祭。
恵比寿は場所が狭い上に段差が結構高くて見やすかったから好きだったけど、PerfumeにAIじゃ、会場が広くなるのも仕方ないかな。

今回はもろもろの事情で時間10分前くらいに入場。
後方からだったけど、女の子ばっかりだと飛び抜けて背の高い人がいないので、見やすい見やすい(笑)。

続きを読む >>
TOPへ
| 木村カエラ | comments(0) | -

木村カエラ LIVE HOUSE TOUR 2009 Hyper 39TOUR@赤坂BLITZ(11/3)

しばじゅんの翌日、カエラのライブも行ってきた。

仕事があったので入場はギリギリだったし、風邪をひいてたのでこの日は後ろからまったり見ようと思って、後ろ目に進んでいったら、いつの間にか最後列間際だった件(笑)。しかし、最後列とはいえ、赤坂BLITZはそんなに見づらくない。後ろのほうは結構隙間もあったし、後ろだけあってまったり見る人も多かったし。幸い、うまいこと隙間を見つけられ(かつ隙間を見つけて動くことができ)たので、8割くらいはカエラの顔見られたかなー。

で。
正直なところ。
超はしゃぎたかった(笑)。

行くまでは若干だるかったけど、行って曲聴いてたらもうはしゃぎたくて仕方なかった。カエラのライブはいつ行ってもそういうパワーがあるんだよなー。なんか聴いてるだけで元気になるっていうか。MCも相変わらずいい意味でgdgdだったし(笑)。でも、なんかカエラのいいところがいっぱい出てるいいMCだったし。ハッピーバースデイをみんなで歌ったり、それなりにまとまりもあったと思うし(アンコールは今までにないくらいgdgdだったけど)。それでもホント相変わらず楽しいライブでした。

次行くときは体調万全で見に行きたいなあ。

TOPへ
| 木村カエラ | comments(0) | -

H 2009年7月号

木村カエラと宮崎あおいの対談(?)が実現。
両方が大好きな自分にとっては、カエラのブログで見たときから絶対買いと思っていた雑誌。
買ってよかった。
思ってたより対談のページは少なかったし、たぶん録音されていないところでもっといろんなことしゃべってるんだろうけど、なんの宣伝にも絡まない、お互いがお互いを好きだよーってわかるだけの対談っていうのがいい。何より、いつもクールな(最近はだいぶ柔らかい雰囲気になったけど)宮崎あおいの「年齢相応な女の子の姿」が垣間見えるのがなんともいい(笑)。写真じゃなくて、むしろ動画で見たい(笑)。宮崎あおいが真っ赤になるところとかもうぜひ。

カエラは割といつも通りな雰囲気です。
さすがです(笑)

ふたりのファンなら買う価値はありあり。
グラビアが多い割に、紙質はちょっとグラビア向きじゃないけど、まあ昨今の不況やら何やら考えると、これも仕方ないのかなと。
きっと使わなかった写真があるはずなので、いつか蔵出ししてほしい。

TOPへ
| 木村カエラ | comments(0) | -

カエラsakusaku MC復活

ちひろちゃんの話もそうなんだけど、
昨日は好きなアーティスト絡みの情報がたくさん出ていた。

カエラは3月の最終週にsaku saku MCに限定復活!
とのことで。
新曲は5月という話なので、おそらくは7月の5周年記念ライブの告知をかねての
登場なのかなと。
あとは…優ちゃんがまたCD出したりとかするのでは?
だから、1週間優ちゃんはゲストでカエラがMC…みたいな感じかなあと。

またあのだらけトーク(笑)が聴けるかな。
それとも、やる気満々トークになってたりして。

TOPへ
| 木村カエラ | comments(0) | -

木村カエラ「マスタッシュ/memories(original version)」

コロムビアミュージックエンタテインメント
¥ 1,040
フラゲして買ったのに、なかなか聴けなくてやっとiPodに放り込んで聴けるようになりました。

「マスタッシュ」は本人出演のルシードLのCMソングで、
「memoreis」は映画『パコと魔法の絵本』のテーマソング。
ジャケットの裏面はカエラがカエル被ってます。

「マスタッシュ」はカエラお得意のしっかりとしたロックナンバー。
歌詞は一応恋愛ものな感じになってはいるものの、楽曲としてそれを感じさせないのはなんでだろう?
一方「memories」はポップでキュートな、まさに絵本を思わせるキラキラしたナンバー。
声のトーンもあげめで、歌い方にもクセがない、シンプルでわかりやすい歌。

これを「マスタッシュ」のカップリングにするスタッフのちょっと落ち着け(笑)
およそ、楽曲的に正反対にあるナンバーだと思ってもいい。

ある意味カエラらしいと思わされる1枚。
何色にも染まらないというか、カエラ色に染めるというか、そういう点でカエラは相変わらずだ。
好きなものっていうのがたくさんあって、そのときに一番好きなものをやっているって感じ。

これからもこの調子で、好き勝手やってってください(笑)
TOPへ
| 木村カエラ | comments(0) | -

カエライブ

初日に宮崎あおいが来ていたとは…。
カエラブログに写真まで載ってるし。
ファンになったってのは連載で読んだけど、ホントに好きなんだなあ。

自分が好きな人同士でこういう交流があると嬉しいよね。
たぶん、カエラはまだ好きってレベルまで行ってないだろうけど。
だって、カエラ人見知りっぽいし(笑)

これを機会に、ふたりが仲よくなってくれたらいいな。
宮崎あおいの連載にカエラの話題が載ることもあるんだろうか。
TOPへ
| 木村カエラ | comments(0) | -

木村カエラ LIVE HOUSE TOUR 2008〜STARs TOURS〜@赤坂BLITZ(8/9)

STARs TOURS初日行ってきた。
赤坂BLITZは初。
番号遅かったからのんびり行ったら、もうC呼び始めてるとか。
さすが、手慣れてる。

続きを読む >>
TOPへ
| 木村カエラ | comments(0) | -

木村カエラ LIVE TOUR 2008 『+1』@大宮ソニックシティ(5/24)

大宮ソニックシティで行われた木村カエラのライブ『+1』に行ってきた。
大宮ソニックシティは初。
会場はでかいなーと思ったけど、動線があまりにもよくない。
開場してから30分近くたってから会場に入ったのに、入口が狭くてグッズ列と途中でごちゃごちゃになってて、ロビーが混雑しまくり。グッズの隣でCD・DVD売ってるし、見た限りグッズ列は全然進んでない。こんだけ手際の悪いスタッフ見たのも久しぶり。

それはともかく、席は20列目よりちょい後ろ。
ステージ向かってやや右方向。
全体としては後方だけど、これが見やすかった!
自分の席の5列かもうちょい前くらいから傾斜がかなりあって、前の人が立っても頭がステージにかぶらない。
カエラのライブで人の頭に邪魔されないのはこれが初めてかも。

以下、ライブ感想。
続きを読む >>
TOPへ
| 木村カエラ | comments(0) | -

木村カエラ「+1」

Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
¥ 2,944
木村カエラ、1年2か月ぶりとなる4枚目のアルバム。
いろんな楽曲に挑戦してきたカエラだけに、今回のアルバムはどんなカラーになるのかなと思ったら、意外や意外、すごくまとまりのあるアルバムだった。
小さくまとまったという意味ではなくて、すごくバランスがいい。
ファーストアルバムのロックカエラに近い雰囲気のライブ向きなアルバムという感じ。

カエラのいいところは何色にも染まっていなくて、何色にでも染まれるところだと思っていたし、今でも思っているけれど、今回は割と全体通して1色に近いかな。「Jasper」とか「Samantha」だって、アルバムの中に入っていると全然違和感がない。1曲目から最後まで通してライブでやっても、つながりとしてキレイなんじゃないかな。

シングル曲以外なら、「NO IMAGE」と「STARs」、「鏡よ鏡」「1115」が個人的にはかなり好み…って言っちゃうと、ほぼ大半が好きってことになるんだけど(笑)
音楽のジャンル的にはテクノだったりロックだったりポップスだったりで雰囲気は違うんだろうけど、カエラ自身が無理なく歌えていて、それが全体のバランスをよりよく聴かせてくれるんだと思う。

ひとつ意見をするなら、「dolphin」みたいなバラードも聴きたかったかなあ。
それは次のシングルかアルバムで楽しみにしています。
もしくはライブで歌ってほしい。
TOPへ
| 木村カエラ | comments(0) | -
| 1/4PAGES | >>
blog_entry

Recommend