blog_entry

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -

FJCイベント用曲整理覚え書き

104曲から3曲選べという試練を与えられたので、
まずは楽曲をざっくり絞ってみた。

過去のライブで何回披露されたのかを中心に。
スペルミス、回数ミス等確実にあるかと思われるけど、
それはまあUKATSUということでひとつ。

Kalafinaはライブで披露された曲が大多数なので数えてません。
ついでに、DVD入ってないもの追記してみた。
赤字なのがDVD入ってないやつ。

続きを読む >>
TOPへ
| 梶浦由記(FictionJunction/Kalafina) | comments(0) | -

Kalafina&FictionJunctionツアー全終了!

土曜日はKalafina、日曜日はFJのライブ千秋楽に参戦。
ライブに参戦されたみなさま、お疲れ様でした。
総じて、今回のツアーはKeikoの成長をしみじみ感じたツアーでした(偉そうだな
個人的に多少違和感のあったWakanaの声も、JCBでは復調したように聞こえてよかった。

いろいろと思ったこととか感想とかあるんですが、
ちょっと頭が働いていないので、その辺はいずれ書けたら。

でもなんか頭の中ぐっちゃぐちゃな感じがして、ダメかも。
ラスボス改め天上人様に何か持っていかれた感じがしないでもない(笑)

TOPへ
| 梶浦由記(FictionJunction/Kalafina) | comments(0) | -

FictionJunction/Yuki Kajiura LIVE vol.#06

名古屋を明日に控えていて、今さらながら横浜の感想文。

FictionJunctionライブat 横浜BLITZに行ってきた。
久々のスタンディングだったんだけど、まず疲れた。足が棒のようです。カエラとかのライブではまず間違ってもこういう疲れ方はしないんですよ。飛んだり跳ねたりしてるので(笑)。でも、FJの曲はタテノリできなかったり、そもそも飛ぶような曲調じゃなかったりで、せいぜい腕を振りあげる程度が主なので、正直スタンディングで3時間超はきつかったです、というのがまず最初の感想。

以下、ライブの感想。

続きを読む >>
TOPへ
| 梶浦由記(FictionJunction/Kalafina) | comments(0) | -

Kalafina LIVE 2010“Red Moon”@横浜BLITZ(5/29)

昨日は横浜でKalafinaライブでした。

2階席から高みの見物。
かなり後ろだったのですが、全体が綺麗に見えて(歌姫'sの足元までバッチリ)だったので、舞台全体と各個人の動きがきちんと見えて、大変におもしろかったです(笑)

歌姫'sの衣装は、Red Moon仕立ての赤黒系。途中で黒系にチェンジ。ラストは黒いミニスカにそれぞれライブTシャツという仕立て。

続きを読む >>
TOPへ
| 梶浦由記(FictionJunction/Kalafina) | comments(0) | -

Kalafina「Red Moon」

Kalafinaのニューアルバム「Red Moon」を買いまして。
フラゲ日には届いていたというのに、いろいろ忙しくて、結局聞き始めたのは月曜日からとかどうよ(苦笑)
それ以来、ずっと続けて聞いてますが、インパクトに関しては、「Seventh Heaven」のほうが上かなという印象。比べて聞くとだけど、「音楽」と「夏の林檎」の迫力が半端なかった。

と言って、別にこのアルバムがいまいちだというのではなくて、まとまりはいいと思う。歌詞カードもiPodに表示される曲タイトルさえ見ないで聞いている現状だと、Hikaruの声が前作より多めに聞こえる感じ(まぁ、オブリとかはいなかったけど)

今の段階で印象に残るのはシングル曲をのぞくと、「fantasia」、「Kyrie」、「I have a dream」の3曲。特に「I have a dream」はちょっと今までとは雰囲気が違ってて、結構好き。スローテンポなんだけど、バラードじゃないところがいいな。Keikoの明るい感情の見える声がすごくいい感じに響いてくる。

次のライブは是非こっちのアルバムの曲を全部やってほしい。定番の曲を入れて、このアルバムの曲がこぼれるくらいなら、前の曲はやらなくてもいい。そのくらい、全部生で聞いてみたい。たぶん、生で聞くと全然印象が変わると思うし。

何にしても、ライブが楽しみです。

ちなみに、DVDはまだ見てない。

そういえば、確認し損ねてるけど、『コープスパーティ』のPSP版?に侑香さんが出るとか。
声のお仕事してくれるのは嬉しい。
しかし、『コープス』は5pb.…懐かしのあの名前を見た(笑)

TOPへ
| 梶浦由記(FictionJunction/Kalafina) | comments(0) | -

Kalafina「光の旋律」

Kalafinaのニューシングルは、アニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』のOP。
当然の如くフラゲしたのに、感想書くのは今頃とか。
あ、FJの「時の向こう 幻の空」だってちゃんとゲットしてます。
でも、これの感想はまた後日(一度に書くとネタ切れになるから)。

『空の境界』とか『黒執事』とか、今まではかなりダークな世界の主題歌系を歌ってきたKalafinaですが、今回はだいぶテイストが違います。
まず、メロディーがなんとなく明るい(笑)。
フルートの音がすごく効いていて、軽快さが今までとは段違い。
どこかもの悲しげなWakanaの歌声も、今回は軽妙です(笑)。

刹那的というか終末的というか、そんな雰囲気を持ちつつも、希望を歌っている歌。
そんな感じ。ちょっともの悲しさもある、ある意味梶浦さんらしい楽曲でもあるなぁと(とことん暗いのもいかにも梶浦楽曲だとは思うけど)。

今回の楽曲はWakanaの歌声の響きがすごくいい。
彼女が“笑って”歌うことで、曲の持つ雰囲気が大きく色を変えます。
Kalafinaの世界の第二章のスタートは、実はここからなんじゃないかと思わせるような変革。
幸せな気分に浸れる1曲です。

カップリングの「sapphire」のほうが今までのKalafinaカラーはよく出ているんじゃないかな。
Wakanaの切なげな歌声が魅力的なバラードで、こっちはぐぐっと胸に迫るような儚さが全編に漂っていて…落ち込んでるときに聴くと、よりいっそう落ち込ませてくれるようなそんな曲でした(笑)。

初回限定盤DVDの1分5秒くらいのWakanaの顔と所作がめっちゃ好みです(笑)。
Amazonではもう品切れてるみたいですけど。

TOPへ
| 梶浦由記(FictionJunction/Kalafina) | comments(0) | -

Yuki Kajiura LIVE Vol.#5〜日本語封印スペシャルLIVE〜@横浜BLITZ(1/9)

2010年一発目のライブは梶浦さんの日本語封印という素晴らしきハードルの高いライブでした(笑)。普通の人にはとてもじゃないけどオススメできないような。とはいえ、歌詞に意味がないとは梶浦さんの談なので、意味がわからなくても行けなくはない気もするけども。

今回は二階席からの観覧?参戦?と相成りました。
うぉう、バーが邪魔してちょうど貝田さんが見えない〜。
Kalafinaライブが割と前だったせいか、結構遠く感じられますね、二階席。
ライブハウスの後ろから見るのは慣れてるんだけどな〜。

今回のライブは日本語封印と言うことで、MC以外は日本語の歌詞の曲は一切出て来ません。当然、27日発売の「時の向こう 幻の空」もやってくれないという(笑)。これに関しては、あっさり5月6月に東名阪でライブやるのでそこで歌いますとさっくり言ってくれました。

先のライブのことはとりあえずさておき。
今回のライブは「マテリアライズ」に尽きる気がする。
元々は『舞-乙HiME』の変身シーンで使われていたナンバー。原曲を歌っているのは笠原由里さん。梶浦さんのライブでは「ラスボス」としておなじみの人です。アニソン系の曲もたくさん歌っていらっしゃいますが、本職はソプラノ歌手。当然原曲は恐ろしくキーが高い。それがまさかライブで聴けるとは、感激もひとしおです。貝田さん、最高音の部分が相当きつそうでしたけど(笑)。

「媛星」「目覚め」の定番ナンバーから、新曲(というか今までにライブで歌われたことのない曲)も歌ってくれて、聴き惚れるばかり。気がついたら、あっという間に2時間半経ってました。今回は時間経つの早かった〜。

長いと言っていたので3時間くらいは覚悟してたんですが、MCがいつもより短かったせいか、サクサク進んだようです。いつもはキャッキャしてる歌姫'sも、梶浦さんからの問いかけに一言二言答えるくらいで、あんまりやりとりっぽいのがなかったし、何より歌姫's同士のキャッキャがなかったYO! なんだろう、日本語封印ライブって日本語OKライブより緊張するんだろうか。

ともあれ、良質の音楽を堪能できた時間でした。

で、ライブ中に出たのが、5月くらいにライブCDを出すことと、5月6月に東名阪でライブをやること。東名阪ライブは全部日曜日で、日本語は解禁。FJ4人は出演決定なんだろうけど、ほかに誰か出るのかな。個人的には仁科かおりさんとかラスボスとか、もうこの際Emilyとかも聴きたかったりする。贅沢。5月のライブCDは、これから選曲するらしいので、希望があったらメールとかコメントとかしてください、だそうです。…アレとかアレとか頼んだら入れてくれるのかな(どれだよ

なんか、2日も経ってこんな時間に書くと、テンションが普通すぎてライブが楽しそうに感じられない。書いてる本人が言うのもなんですが。でも楽しかったんだよ!
ただ、今までのFJ系で最高のライブはやっぱりVol.1だと思う。個人的には。
あの感動は今でも忘れてない。というわけで、箱変えてまたやってほしいです。横浜BLITZは嫌いじゃないけど、音の響きがもう一歩みたいです。

TOPへ
| 梶浦由記(FictionJunction/Kalafina) | comments(0) | -

FictionJunction「時の向こう 幻の空」PV

ようつべにフライングドッグチャンネルができてたとは知らなかった。

というわけで、FictionJunctionの新曲「時の向こう 幻の空」のPVフルコーラスが見られ&聴けます。

http://www.youtube.com/watch?v=OWeC0Dfm-s0

フライングドッグはSMEと違ってCDにDVDつけて初回盤にして売るということをあんまりしないので(特にシングルの場合は)、PVもここで見るしかないんだろうな、しばらくは。前のPVもこないだのDVDにくっついてきたくらいだし。

マイクなしで動き回るFJにはなぜか違和感が(笑)。
ライブで動き回ってるのは見てるのに、なぜだ。

楽曲は…いかにもFJらしい、ヴァイオリンバリバリ、コーラスバリバリの楽曲。
個人的にはKalafinaの「光の旋律」のが好きです。
ただ、「光の旋律」は先にライブで聴いちゃったから、こっちもライブで聴くと印象が変わるかも。

そして。
このチャンネルがあるということは。
侑香の「月導-Tsukishirube-」のPVも見られますかね!?
フライングドッグさんはほっとくと作ったPVがどこでも見られないレアもの状態になるので心配してたんですが、ここならフルコーラス流してくれますよね!? 期待してまふ。
発売が2月だから、流れるとして2月入ってからかな。期待してまふ。大事なことなので(ry

JVCエンタテインメント
¥ 1,155

TOPへ
| 梶浦由記(FictionJunction/Kalafina) | comments(0) | -

Kalafina LIVE 2009 "progressive"@横浜BLITZ(12/27)

今年最後のライブはKalafinaでした。
場所は横浜BLITZ。

友人にチケットを取ってもらったんですが、2階席狙いで外れ1階席当選だと聞いていたので、結構後ろの整理番号かなーと思っていたら、700番台より前という、自分の予想的にはかなり前でした。今回、女性スペースが前回の夏のライブの時よりもかなり広く取られていたので(センターで区切ってステージ向かって右側前方)、女性スペース後方をしっかりゲット。おお、背丈的に割と見やすい。しかし、この位置はWakana側。…前回も確かWakana側。何、女性スペースってWakanaのためのサービススペース? とか冗談で言っていたんですが、なんかMC中に「Wakanaおにゃのこ好き」っぽい発言が。まさか、本当なのか!?(笑)

セトリは、KalafinaオフィシャルブログにKeikoが書いてくれているので割愛。
とにかく、半端ない安定感のライブでした。
いやー、この人たち、なんで歌詞間違えないんだろう(笑)。
そんななので、特筆すべきことがない(笑)。
強いてあげれば、「ARIA」のときのWakanaのヴォーカルが半音くらい下がってたように聞こえたことと、新曲らしいのに誰も触れなかった「Kyrie」くらいかな。ヴォーカルに関しては、自分の気のせいかもしれないけど。新曲は、もう本当にノータッチで軽く過ぎ去っていったので、正直どんな曲だったか印象に残ってません(苦笑)。

「光の旋律」はホントにいい曲だな〜。
いい意味でKalafinaらしくなくて、すごく聴きやすい感じ。

しかし、安定感がありすぎて、ライブらしい生っぽさみたいなものがMC以外ではなかなか感じられにくいのがちょっと残念かな。歌詞間違えないし、CD並みのクオリティを維持してるのに文句言われるとか、本人たちは迷惑千万でしょうが(笑)、不確定要素というか、ライブならではの「何か」がそろそろあると個人的にはうれしいところです。アコースティックをバリバリのロックアレンジにするとか、逆にロックをバリバリのアコースティックアレンジにするとか、歌姫ソロコーナーを設けてみるとか? それをやったらFJとあんまり変わらなくなっちゃうかもですが。

ともあれ、楽しいライブでした。
ただ、スタンディングで2時間半はきつい! そこんとこも今後はよろしく(?)。


あ、そう言えば開演前に2階席に梶浦さんが…。
なぜか、開演する前の客席が明るいときに一番乗りでやってきてましたよ!
ちょ、梶浦さん、あなたプロデューサー! 偉い人!
普通、こういうときって暗くなってからこそこそ(笑)やってくるものでは…さすがです。
KAORIとYUUKIと貝田さんもいたなー。
「Kalafinaのライブ初めての人ー」っていうMCのときに、こっそり貝田さんが手を挙げていたのを私は見た(笑)。

TOPへ
| 梶浦由記(FictionJunction/Kalafina) | comments(0) | -

FictionJunction CLUB ファンクラブイベント第2弾@アムラックスホール

前回は見事に落選&復活もならなかった(根に持ってるw)FictionJunctionのFCイベントに行ってきました。
前回の反省が生かされたのかどうか、一応応募者全員参加だったんじゃないかと思われる形。
自分は土曜日の2回目でしたが、だいたい200人くらいかなあ。
これが3回あるから、600人…ちょっと少ない感じもしますがそんなもんか。


とりあえず、
YUUKAがかわいすぎる!
<書き手にはYUUKAフィルターがかかってます

いやー、20歳って大人だよね〜って言ってた頃から全然変わってねぇな、YUUKA!(褒めてます
梶浦さんも言ってたけど、α波振りまいてるよYUUKA!
全力全開で癒されたYO!

 

続きを読む >>
TOPへ
| 梶浦由記(FictionJunction/Kalafina) | comments(0) | -
| 1/5PAGES | >>
blog_entry

Recommend